• ソウル時間旅行④b 旧日本人街で見た明晰夢【後編】
    「旧日本人街で見た明晰夢」の後編です【蒙古の夢】  草洞のホテルは改装されたばかりで、室内は何もかもがスタイリッシュなうえ、広々していて快適この上なかった。ベッドもゆったりしていて非常に寝心地がよかった。 私の夢のほとんどはいわゆる明晰夢というやつで、「これは夢だ」と判っていながら見ている。明晰夢には、五感が覚醒時と同じレベルであるとか、巻き戻しや早送り、ストーリー改変などがある程度できるなど...
  • ソウル時間旅行④a 旧日本人街で見た明晰夢【前編】
    シリーズでぼちぼち書いてる「ソウル時間旅行」でありますが、この④の前後編では、旧日本人街のホテルで見たおかしな夢のことを書きます。なので内容的には現代の韓国と関係がありません。 ⑤では旅行記に戻し、五大古宮のひとつ・徳寿宮とか、庶民街が名所化している「解放村」などについて書きますんで、しばらくお待ち下さいませませ。   ソウルの中区草洞(旧称『若草町』)、かつて日本人街だったところに建つホテルに着い...
  • 「共感覚本上梓」および「それはあべこべではないのか」
    【① 共感覚の本を上梓しました】このたび、(株)東方出版から共感覚の本を出すことができました。  私は【文字に色】>【音に色】>【人に色】・・の順で共感覚があります。  また、ネットで共感覚者にお話をうかがったり、実際にお会いしていろいろ尋ねたりすると、地震予知やシンクロニシティ、人の履歴に光を感じる、などの体験を持っている人が少なくないことが判りました。  実際に私もそれらの体験があります。しかし、...

プロフィール

遠森慶

●国内旅行・韓国旅行・言語・文字・イラスト・共感覚など。

●コミュ障気味なんでコメントは受け付けてません。スマヌ。

●1964年東京生まれ大阪在住。男性。

●pixivをメインに活動しています。
http://www.pixiv.net/member.php?id=12569897

●一応ライター。拙著は書店やアマゾンでご購入いただけます。