赤い布(ウネドリサマ・岩手県遠野市)

民話の里・遠野にある縁結びの神様。
 赤い布に願いごとを書き、利き腕でないほうの手で木の枝などに結わえつけられれば、良い縁に恵まれると伝えられている。
 ウネドリは「卯子酉」すなわち海鵜のことであり、山中の遠野郷と三陸海岸とが物流などを通じ、昔から深く関わっていたことをうかがわせる。

 柳田国男の「遠野物語拾遺」第三五には以下の記述がある。
《遠野の町の愛宕山の下に、卯子酉様の祠がある。その傍の小池には片葉の蘆を生ずる。昔はここが大きな淵であって、その淵の主に願をかけると、不思議に男女の縁が結ばれた。また信心の者には、時々淵の主が姿を見せたともいっている》

東北旅情シリーズ(pixiv)▼
https://www.pixiv.net/user/12569897/series/70692

unedorisama.png



関連記事

プロフィール

遠森慶

●国内旅行・韓国旅行・言語・文字・イラスト・共感覚など。

●コミュ障気味なんでコメントは受け付けてません。スマヌ。

●1964年東京生まれ大阪在住。男性。

●pixivをメインに活動しています。
http://www.pixiv.net/member.php?id=12569897

●一応ライター。拙著は書店やアマゾンでご購入いただけます。